ブライダルフェアは何件回るのがいい?効率のいい回り方を伝授

ブライダルフェアは何件回るのがいい?効率のいい回り方を伝授

結婚式場探しには欠かせない、ブライダルフェアへの参加。

日本全国で約3,000以上もある結婚式場の中から、お気に入りの式場を見つけるには、何件かのブライダルフェアに参加しておきたいところです。

そこで今回は、ブライダルフェアに参加するおすすめの件数や、ブライダルフェアの効率のいい回り方について紹介していきます。

この記事を読むことで、スムーズなブライダルフェア選びや式場選びが出来るようになるでしょう。

ブライダルフェアと会場見学との違い

式場を探していると、よく目にするのがブライダルフェア会場見学の二つのワード。

会場を見学するという点ではどちらも同じ内容ではあるのですが、この二つの違いは一体何なのでしょうか?

そこで、まず初めはブライダルフェアと会場見学の違いについて紹介していきます。

ブライダルフェア

ブライダルフェアは、そこの結婚式場が開催する結婚式の模擬体験が出来るイベントのこと。

会場見学はもちろん、模擬挙式や試食会などもあるため、当日の結婚式のイメージが掴みやすくなります。

具体的にどのようなことを体験できるのかは、主に以下5つです。

1.会場見学
2.模擬挙式
3.試食会
4.模擬披露宴、演出体験
5.試着会

これに加えてさらに、ブライダルフェア限定の特典やサービスが付くことが多く、通常の会場見学からの契約よりもお得な契約が可能です。

ただし、ブライダルフェアは限られた日程での開催になるため、いつでも参加できるわけではありません。

試食会がある場合、まれに参加料金が発生するケースもあるので注意が必要です。

会場見学

会場見学は、その名の通り式場内を見学するものになります。

ブライダルフェアとは違い、いつでも参加できるため、日程をあまり気にせず行くことが出来ます。

もちろん、式場を案内してくれるスタッフと相談や質問が出来る時間もあるのでご安心を。

このように、ブライダルフェアも会場見学もどちらも式場内を見学するには大きく変わりはありません。

ですが、結婚式の模擬体験をしたいか、式場の見学だけで問題ないか、といった具合で参加を決められると良いでしょう。

気になる全ての式場のブライダルフェアに参加するのは、なかなか時間も体力も必要になってきます。

では、ブライダルフェアに行くのであれば何件くらいがベストなのか、おすすめの件数を次で紹介していきます。

ブライダルフェアに行くなら何件がおすすめ?

ブライダルフェアは模擬体験が出来るイベントであるため、当日の雰囲気やイメージが掴みやすいということが分かりました。

しかし、ほとんどのブライダルフェアの場合半日ほどの時間が必要となり、一日に何件も式場を回ることが難しくなるというのが欠点でもあります。

また行けば行くほど様々な式場の情報が混ざり、好みの式場が分からなくなってしまうというケースも少なくありません。

ではブライダルフェアに行くなら何件がいいのか。

ブライダルフェアに行くのであれば、2件~3件がおすすめです。

2~3件がおすすめの理由
・気になる式場の比較が出来るため、後悔なく本命の式場を選ぶことが出来る
・2~3件であれば時間や手間もかからずに行けるため楽しい気持ちのまま式場選びが出来る

とは言え、選び方や探し方は人それぞれですので、件数に合わせた探し方についても紹介していきます。

1件

即決タイプや、候補の式場やイメージが固まっている人のほとんどが1件のみの参加でブライダルフェアを終わらせています。

希望の式場での料理や式の雰囲気を掴むために行くのにちょうどいいでしょう。

念のためという気持ちで他の式場を見たいのであれば、後は会場見学のみで済ませるので問題ありません。

2~3件

後悔のないように確信を持って式場を決めたい人は2~3件のブライダルフェアに参加しましょう。

1件のみのブライダルフェアで式場を決めた結果、その時に知らなかったプラン内容や料金設定で後悔してしまうというケースも多くあります。

そのため、他の式場の情報を持っているだけでも比較しやすく、客観的に式場選びが出来るため、後悔せず選ぶことが出来るのです。

ブライダルフェアの内容自体に差はないですが、その式場での雰囲気を感じるにはブライダルフェアの模擬体験が一番分かりやすいので、比べて決めたい人におすすめです。

4件以上

悩みたい、ブライダルフェアに参加するのが楽しいという人は4件以上回っても大丈夫。

ただし、以下のことに注意してブライダルフェアに参加しなくてはなりません。

・ほぼ一日かかるため、日程を確保しなくてはいけない
・何件も見た結果、どれがいいか分からなくなってしまうこともある
・パートナーによっては負担になってしまうこともある

これらを見て、それでも問題なさそうであればブライダルフェアや式場選びを楽しめることでしょう。
 

結婚式場を探している中での自分の性格や気持ちに一番近い件数を参考にすると、スムーズにブライダルフェアに行く場所を決められます。

これに加えて続いては、実際に結婚式を挙げた卒花嫁さんたちが行ったブライダルフェアの件数について紹介していきますので合わせて参考にしてください。

卒花嫁さんが行ったブライダルフェアは何件?

先ほどではブライダルフェアに行くおすすめの件数について紹介してきました。

合わせてこれからブライダルフェアに行くことを検討している人たちにぜひ参考にしてほしいのが、卒花嫁さんたちがブライダルフェアに参加した方法についてです。

ここでは2つ紹介していきます。

MEMO
1. 卒花嫁さんたちが行ったブライダルフェアの件数
2. ブライダルフェアを絞るために資料を取り寄せる

1番多い件数は1件のみ

まずは、卒花嫁さんたちが行ったブライダルフェアの件数についてです。

ゼクシィトレンド調査2019によると実際の数字は以下の通りとなっています。

1件 30.1%
2件 26.7%
3件 20.4%
4件 11.5%
5件 10.2%
出典:ゼクシィ結婚トレンド調査2019

このように卒花嫁さんたちが行ったブライダルフェアの件数は1件のみで済ませているという結果があります。

次いで多いのが2件という、どちらも少ない件数でブライダルフェアを見て回っているという結果でした。

本命の式場を決定打にするために、ブライダルフェアに行って確かめるという人がほとんどのようです。

資料は多く揃えて式場を絞る

ブライダルフェアに行く件数が少ない分、結婚式場の資料は複数取り寄せているという卒花嫁さんたちが多くいました。

式場の資料を取り寄せた数字は以下の通りです。

1件 8.9%
2件 16.0%
3件 19.5%
4件 23.2%
5件 11.9%
出典:ゼクシィ結婚トレンド調査2019

実際にブライダルフェアに行った件数が1件だったのに対し、資料請求は4件が一番多いという結果でした。

資料請求は手間も時間も料金もかからないので、気になった式場があった場合、手軽に取り寄せできるというのが利点です。

資料を参考にして結婚式場の本命を絞り、ブライダルフェアに行って確かめるという傾向が多いようですね。

このような結婚式を挙げた卒花嫁さんたちの傾向を参考に、自分たちに合ったブライダルフェアを決めていくのもおすすめです。

しかし中には、ブライダルフェアを選ぶ基準や実際に行ったとしても何を見たらいいかいまいちわからないという人もいることでしょう。

そこで続いては、ブライダルフェアで見るべきポイントについて紹介していきます。

ブライダルフェアで見るべきポイント

ここまでブライダルフェアに行くのにおすすめの件数について紹介してきました。

続いては、実際にブライダルフェアに行ったときに何を見たらいいかのポイントを3つに分けて紹介していきます。

ブライダルフェアで見るポイント
1.その式場で知りたい体験があるかどうか
2.スタッフの対応
3.ブライダルフェアで付く特典

その式場で知りたい体験があるかどうか

まずは、ブライダルフェアに行く際に自分が知りたい体験があるか確認しておきましょう。

具体的には以下の5種類があります。

1.試食会
2.会場見学
3.模擬挙式
4.模擬披露宴
5.試着会

ここからはそれぞれがどのような内容なのか、ブライダルフェアで見るべきことを詳しく紹介していきます。

試食会

まず、ブライダルフェアで最も見るべきなのが試食会。

試食会とは、結婚式に出る料理を実際に食べることです。

試食会はブライダルフェアでしか行っていない内容なため、その式場の料理が美味しいかどうか確認することが出来ます。

会場見学

続いて見ておきたいのが会場見学です。

その名の通り、式場の中を見ることが出来ます。

試食会と合わせて会場見学をし、双方の印象で式場を決める人が多いようです。

模擬挙式

始めての結婚式場探しであればぜひ参加しておきたいのが、模擬挙式です。

挙式の流れを見ることが出来るので、イメージを掴みやすくなります。

また挙式会場でのドレス姿のイメージも掴めるため、衣裳選びの参考にもなりますよ。

模擬披露宴

模擬挙式同様、模擬披露宴もイメージ掴みのためには必要なポイントです。

披露宴で出来る演出なども実際に見ることが出来るため、やりたい演出がある人や結婚式の参列経験が少ないカップルにおすすめです。

試着会

花嫁たちにとって最も楽しみなのが衣裳選びです。

ブライダルフェアで行う試着会はほとんどが1着と少ない数ではありますが、憧れのドレスを着れることもあり、純粋に楽しめる内容でもあります。

ドレスが気になっている人におすすめです。

スタッフの対応

ブライダルフェアに行くにあたって見ておきたいが、スタッフの対応です。

ブライダルフェアの予約の時点から対応が丁寧だった場合、ブライダルフェア当日や挙式当日までの対応も丁寧な式場が多いです。

ブライダルフェア中でもスタッフが気配りなどしてくれるかどうか見ておくと、対人系のトラブルは少なく済みます。

ブライダルフェアで付く特典

実際にブライダルフェアで過去にもらったディズニーチケット

ブライダルフェアで見ておきたい3つ目のポイントが、ブライダルフェアで付く特典内容です。

通常の会場見学に比べて、ブライダルフェア限定の値引きやサービスの特典が多く付くことがあります。

お得に結婚式を挙げたい人は、ブライダルフェアを予約する前から値引き特典などをチェックしておくことをおすすめします。

という訳で、チェックポイントのおさらいです。

ブライダルフェアで見るポイント
1.その式場で知りたい体験があるかどうか
2.スタッフの対応
3.ブライダルフェアで付く特典

以上3つのポイントを抑えておくと、ブライダルフェア選びやブライダルフェア当日もスムーズに行えるようになるでしょう。

さらに、後悔のないようブライダルフェアに行くための最後のポイントを次で紹介していきます。

後悔したくないなら何件でもブライダルフェアへ

これまでブライダルフェアに行くには何件がいいか、見るべきポイントについて紹介してきました。

この記事では2~3件と少ない件数をおすすめしてきましたが、中には少ない件数であることに不安を感じる人もいることでしょう。

最後に3件以上のブライダルフェアに行く場合について紹介していきます。

ブライダルフェアには何件でも行って問題ない

ブライダルフェアの参加件数自体に上限はありません。

希望の結婚式場を本決定するための後押しとして、ブライダルフェアに行く人たちは1件という少ない件数で済みます。

しかし中には、たくさん悩んで比べたいというカップルも少なくありません。

無理に少ない件数で済ませ他との式場との対比が上手くできなかった結果、後悔してしまうくらいなら、気が済むまでブライダルフェアに行くのもいいでしょう。

ただし、ブライダルフェアに行くのは時間がかかってしまうため、複数の式場を回りたい場合、会場見学のみで何件も比べるのもおすすめですよ。

デート感覚で楽しむために何件も行く人も

ブライダルフェアは試食会が含まれていることが多いため、カップルがほとんど。

そのため、デート感覚でブライダルフェアを楽しむというカップルも多いです。

もちろん結婚式を検討している人が大半ではありますが、結婚式を意識するために行くというのもアリです。

式場側からしてもデート感覚で楽しんだ結果、結婚することが決まったとなったとなれば両者にとって嬉しい話です。

そのため、結婚が決まってなくてもブライダルフェアへの参加は問題ありません。

まとめ

さて今回はブライダルフェアに何件行くのがいいのか、ブライダルフェアに行くにあたって見ておくべきポイントについて紹介してきました。

まとめると、

おさらい
・おすすめの件数は2~3件でしっかり比較し後悔のないように
・ブライダルフェアで何が気になっているか事前にチェック
・後悔したくないなら何件も回ってみるのもアリ

人によってブライダルフェアに行く件数や見るポイントは違ってきますので、自分が後悔しないようしっかり検討して、ブライダルフェアを探してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です